ニート 就活

ニートの就活|就職活動の相談はハタラクティブへ

ニートの人の就活におすすめなのが、就職支援サービスのハタラクティブに相談しながら就活することです。

 

ハタラクティブは、2013年厚生労働省から優良職業紹介事業者として認定を受けた就職支援サービスです。
20.30代のニートを中心に正社員への就職を求職者と就活アドバイザーがマンツーマンで支援しています。

 

・就職活動のやり方、はじめ方をレクチャー
・業界分析、企業分析、自己分析のやり方を教授
・履歴書、職務経歴書の書き方
・面接の受け方
・好印象を与える自己アピール、強みの伝え方

 

などなどを求職者に伝えています。
一人で就職活動をすると何が正解で、どうすれば良いのか分からなくなるのが就職活動です。
特にこれまで社会人経験のないニートの人とかは苦労するでしょう。

 

就職活動を少しでも楽にして、スムーズに正社員として就職するためにもハタラクティブを使いましょう。

 

 

ニートの就活ってどうやればいいの?何から始めるべき?

 

これまでに就職活動をやったことのないニートの人は、
就活を何から始めて、どうやればいいのか分からない人は多いと思います。

 

就活としてやるべきこととして、

 

準備段階としては、
・自分自身を知るための自己分析
・仕事について理解するための業界分析、企業分析
・志望企業へ応募するための履歴書、職務経歴書の作成
・面接の練習

 

書類応募後としては、
・面接を受ける
・面接の調整
・志望企業へ送る履歴書、職務経歴書の複数の作成

 

 

といったことがあります。
自己分析や業界分析、企業分析は別にやらなくてもいいし、簡単でもいいのでは?と思ってしまいますが、
実際これらをしっかりしないと、内定を取ることができません。

 

・なぜこの業界を志望したか?
・なぜこの会社を志望したのか?
・なぜこの職種なのか?
・あなたの長所はなにか?
・短所は何か?
・強みは何か?
・これまでなぜニートだったのか?
・他の会社との違いはなにか?
・仕事内容をちゃんと理解しているか?

 

などなど、本当に面倒くさいことばかり。でもやらないとダメだし、
面接官に説明する際に、説得力を持って相手に分かりやすく説明しないといけないのが就活の大変なのことです。

 

 

以上のように面倒くさく、何が正解かよく分からない就活を乗り越えるには、
自分一人ではなく、就職支援サービスを使いながら就活すべきです。
社会人経験のないニートがよく分からない状態でこれら就活のやるべきことをやりきるのは大変なこと。
プロの力を借りながらできるだけサクッと就活を終わらせましょう。

 

なので、ニートの就活はよく分からない状態で良いから、まずは就職支援サービスに問い合わせて見るというのが正解です。
人の手を借りず自分の手でやらないと嫌だという人は別ですが、
さっさと正社員になりたい人は就職支援サービスを使いましょう。

 

おすすめは就職支援サービスのハタラクティブ。
ハタラクティブでは、早い人だと就活を始めて1週間で内定を取っていますし、
平均でも1ヶ月ほどで内定をとっています。

 

 

ニートの就活|ニートが就職できるのはどんな業界・仕事?

 

ニートが就活して、正社員として就職できる業界や仕事はどのようなものでしょうか。

 

20代のニートなら、業界も職種も様々なものに就職できる可能性があります。
業界なら、食品、薬品、アパレル、建設、住宅、不動産、印刷、機械、商社、生保、IT,通信などです。
業種は、事務職、企画職、営業職、IT関係(プログラマー等)、販売、接客、デザイナーなどです。

 

とにかく色々な職種につける可能性はありますし、いろいろな業界へ行けるチャンスもあります。

 

ただニートは就活で職歴も学歴も頼りになりません。
ニートの就活は、対企業にやる気や意気込み等をアピールするのが効果的だったりします。

 

業界分析や企業分析、自己分析をしっかりやり、やる気や意気込みを明確にアピールするようにしましょう。

 

これらを明確にするには就職支援サービスを使って就活のプロの手を借りながらやるといいです。